インプラント治療と従来の治療との比較| 矯正歯科、歯列矯正のスマイルコンセプト

インプラントについて
矯正歯科 ホーム > インプラント治療と従来の治療との比較

インプラント治療と従来の治療との比較

ケース1

■従来の治療法

従来の治療法

[拈椶靴浸を支台にしたブリッジ
隣接の健康な歯を削って支台として、
欠損した歯を再現したブリッジを
被せる方法です。

従来の治療法

可撤性部分床義歯(バーシャルデンチャー)取り外し式の部分入れ歯
取り外し式の部分入れ歯は、それを支える顎の骨や天然歯に悪影響を及ぼす可能性が指摘されています。

■インプラントによる治療

インプラント治療

インプラントが支持する歯冠(人工歯)
インプラント治療は、歯が欠損した部分のみの処置ですみ、 隣接する天然歯と機能的にも審美的に判別がつかないほどです。

ケース2

■従来の治療法

従来の治療法

可撤性部分床義歯(バーシャルデンチャー)取り外し式の部分入れ歯
取り外し式の部分入れ歯は、それを支える顎の骨や天然歯に悪影響を及ぼす可能性が指摘されています。

■インプラントによる治療

インプラントによる治療

インプラントが支持する人工歯
(クラウン)

インプラント治療は、歯が欠損した部分のみの処置ですみ、より自然な人工歯により機能性と審美性が回復できます。

ケース3

■従来の治療法

従来の治療法

取り外し式の総入れ歯(フルデンチャー)
入れ歯安定剤が必需品ともいえる取り外し式の総入れ歯は、特有の不具合がまだ未解決のままです。

■インプラントによる治療

インプラント治療

.ぅ鵐廛薀鵐隼抻の取り外し式総入れ歯
(義歯)

インプラント支持の取り外し式総入れ歯は、装着した状態で、顎の骨と固定させるため、従来の治療法と比べ義歯の安定度が違います。

インプラント治療

取り外し式の総入れ歯(フルデンチャー)
入れ歯安定剤が必需品ともいえる取り外し式の総入れ歯は、特有の不具合がまだ未解決のままです。

ページの先頭へ