インプラント治療| 矯正歯科、歯列矯正のスマイルコンセプト

インプラントについて
矯正歯科 ホーム > インプラント治療

インプラント治療とは

何らかの理由で歯を失ってしまった場合に、体に対して安全な純チタン製の人工の歯根をあごの骨に埋め込み、そこに人工の歯をつけることにより失った歯の機能を回復させるのがインプラント治療です。 ご自分の歯を取り戻した状態に近く、硬い食べ物もしっかりと噛むことができます。 また、より審美的に治療する技術も進んでおり、天然の歯と見分けがつかないくらいに見た目を回復することも可能です。 スマイルコンセプトのインプラント治療においては、機能の回復とともに審美性(見た目の美しさ)も追及しているため、一人ひとりの患者さまにとって機能面、審美面において最も適したものを選択させていただいております。

インプラント治療

インプラントの構造は左図のように、上部構造(人口の歯)・アバットメント(歯を直接支える支台部分)・インプラント体(人工歯根)の大きく3つの部位に分けることができます。

上部構造は、インプラント冠(クラウン)、インプラントブリッジなど素材は様々なものがあります。ポーセレンを使ったものが一般的ですが、咬み合わせの特に強い方、歯ぎしりのある方などでは咬む面を金などの金属で覆ったものを利用することもあります。

アバットメントは設計によって様々な種類があります。上部構造をスクリューで固定する方法と、セメントで固定する方法によっても利用するアバットメントが異なります。

インプラント体は骨のサイズ、形態に合わせて様々な形のインプラント体が準備されています。

ページの先頭へ